2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
プロフィール

鞠猫(まりねこ)

Author:鞠猫(まりねこ)
「これ以上お迎えはしない」
私のこの決意の固さはどうやら豆腐並みのようです。
おまけにin outが結構激しいです…色々問題大ありです(汗

リンクはフリーですけど教えていただければうれしいです。


☆ 主な子達 ☆
(( )内は我が家での設定です)


『珠桃(すもも)』【パラボックス Aiヘッド 自己メイク】
(エセ大阪弁を話す14歳のエルフ)


『アルニャ』【ボークス アルナヘッド】
(すずにゃの母親)


『すずにゃ』【ボークス 鈴菜ヘッド】
(アルニャの娘)


『ねころん』【アゾン ころんSnottyCatⅢDSver】


『ねこゆうた』【アゾン 少年探偵団ゆうた】


『すず』【花かごの小部屋様カスタム】

最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
ただ乗るだけの小さな旅 竜ヶ崎編
先日、久々にただ乗ってくるだけの乗り鉄小旅行に行って参りました。

20140521-01.jpg
今回はそのうちの前半、関東鉄道竜ヶ崎線に乗車してきた時の事です。

今回はドール分は少ししかありません。
なので続きは閉じさせて頂きます。


それでは、わずか4.5kmの乗車の始まりです。
20140521-02.jpg
電車に慣れているとディーゼル車に多く見られるドア内部の段差にも「おおっ」って思ってしまいます。
ただ段差が低い分、逆にうっかりつまづいてしまったりとかってないのかな?とか余計な心配をしてしまったりもします。

20140521-03.jpg
東京周辺の通勤路線では見たことがないくらいに開放的な・・・っていうか乗務員室が片側にしかない!?
全3駅同じ側にしか開かないワンマンカーならではな構造ですね。

20140521-04.jpg
入池駅にて。
普通なら乗務員室があるような場所に入れるので、ロマンスカーの展望席よりも見通しがいいです。

20140521-05.jpg
数分で終点の竜ヶ崎駅に到着しました。

20140521-06.jpg
なにか時間が止まったような雰囲気の駅舎です。
隣のうどん屋さん(?)は閉まっていました。

20140521-07.jpg
お寺や神社などが載った観光マップのようでした。
ちょっと歩くには遠そうな感じでしたので行くのは挫折です。

20140521-08.jpg
駅のすぐ横になんとも時代を感じる鉄道車庫があります。

20140521-09.jpg
右側の道を少し行きますと外に1編成、写ってはいませんけど左側の焦げ茶色の建物の中にもう1編成が眠っていました。
両横に挟まれた機械は洗車機でしょうか?

20140521-10.jpg
横に龍の絵が描かれています。
これは竜ヶ崎市のゆるキャラでしょうか?

20140521-11.jpg
ここで、すずに出てもらって一枚パシャリ。

20140521-13.jpg
今度は少し戻って左側の道にやってきました。
鉄道車庫の隣がバス車庫のようです。
柵が厳重ではないところが、なんともおおらかさが出ています。

20140521-15.jpg
車庫を大回りして裏側にやってきました。
改めて歩道橋から見てみますと、駅の土地の空き方などに昔は貨物輸送が行われていたという名残が見受けられますね。

20140521-16.jpg
歩道橋の階段からもう一枚。

20140521-17.jpg
駅に戻ってきました。
時間が来るまで改札口が閉められているというのも東京周辺では見ない光景ですね。


竜ヶ崎線は本当に往復してきただけな形になってしまいました。
もう少しブラブラしてみてもよかったんじゃないかと帰ってきてから少し後悔です。

後半はまた数日内に。

スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

ミニローカル線ですね
こんにちは~
久しぶりにコメントさせて頂きます

関東鉄道竜ヶ崎線ですか~
常総線とは接続していない飛び地の路線でしたよね
車両も専用の形式が入っていて右側のみの片隅運転台というのも珍しいですよね

車庫駅も…、何だか歴史を感じさせるような雰囲気ですね
今はPASMOの利用も可能なんですね(^^)


No title
shibuさま

コメントありがとうございます。
常総線とはいろんな意味で雰囲気が違う路線ですね。
運転台は右側のみといいましょうか佐貫方面は左側になるのでホーム側にだけ片隅運転台といった感じでした。
気軽に行ける距離ではありませんでしたけど、ローカル臭を味わうという意味ではなかなかの路線でしたよ。


検索フォーム
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。